読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤバイヨ!ヤバイヨ! Pinterestめっさ使えるよ!!

Pinterest_Logo_Red


皆さんこんにちは。デザイナーのトミツカです。

最近生まれて初めてジムに通い始め、ムッキムキのお兄さんに筋トレマシーンの使い方を教わりながら自分の筋肉と会話しています。

さて、デザイナーの皆様ならインプットや資料で既にお使いになっている方も多いPinterestですが、まだ使ったことが無い方向けに改めてその魅力についてご説明します!

Pinterestとは

pinterest


Pinterestは画像をスクラップしていくSNSサービスです。

主に自分が撮影した写真を投稿するのではなくweb上の画像をピンしてストックしていきます。

様々なユーザーが参加しておりグラフィック・webデザイン・UIデザイン・ロゴ・タイポグラフィー・アート・イラスト・ゲームUIなど様々なボードが存在しますので気になったらフォローしてみましょう!フォローすると相手がピンした画像が流れてきます。

つまりいい感じのデザインをピンしている方をフォローするといい感じのデザインが流れてきてPinterest素敵。


Pinterestをデザインブックとして使う

Pinterest上には見たことのないデザインが膨大にあります。

そこでデザインのカテゴリー分けのボードを作り、自分用の資料に使っちゃいましょう!
投稿されている画像にピンすると自分のボードにストックしていくことができます。

pinterest2
 

またChorome拡張でサイト上の画像をピンしたりWebサイトのスクリーンショットを撮りPinterestに投げることもできます。

おすすめのChrome拡張【Choromeウェブストア】

[ピン] ボタン

https://chrome.google.com/webstore/detail/pin-it-button/gpdjojdkbbmdfjfahjcgigfpmkopogic


スクリーンショット

ページショット - Webpage Screenshot

https://chrome.google.com/webstore/detail/webpage-screenshot/ckibcdccnfeookdmbahgiakhnjcddpki


自分はこれを使ってます:-)


オススメのボード

pinterest3 pinterest5 pinterest6 pinterest7


とはいえPinterestは万能じゃない


ここまで聞くとpinterestバイヨヤバイヨになるかと思いますが精度高く自分の趣向にあった画像が大量に流れてくる故に、何となくで好きなデザインをピンしてしまう場合もあるかと思います。

それでは資料としてもったいないので、個人的にピンしていくときはデザインとして好きなもの・資料として優れているもの・アイデア・流行・今後の予測など、ピンする理由を決めながらピンしています。

自分のデザインのメソッドにあった使い方を見つけてみましょう:-)