読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FabricのCrashlyticsを導入する

Android Android
こんにちは、Androiderの梅津です。

みなさんはFabricを利用していますか?
FabricとはTwitter社が運営しているサービスで、モバイルアプリの開発に必要な様々な機能を揃えています。
主な機能としては以下のようなものがあります。
* クラッシュレポート(Crashlytics)
* 広告(MoPub)
* ユーザー認証(Twitter Kit, Digits)

今日はその中の一つ、Crashlyticsを導入してみたいと思います。 アカウントの登録
まずは下記のページからアカウントの登録をします。
Fabric

34
Get Started with Fabricのボタンを押して登録画面に進みます。

14
必要な情報を入力してください。 
しばらくすると登録したメールアドレス宛に、Fabricへの招待メールが届きます。

07
届いたメールのリンクから再度ブラウザに戻ると、組織名を入力する画面になります。
適当な組織名を入れてください。


Pluginの導入
次にAndroid StudioにPluginをインストールします。

32
使用するIDEに合った項目を選択してください。
ここではAndroid Studioを選択します。

この後は画面に表示される案内に従ってFabricのPluginをインストールします。

59

Android Studioツールバーに、赤枠内のようなFabricアイコンが出ればPluginの導入は完了です。

Crashlyticsを有効にする
ツールバーのFabricアイコンをクリックすると、Android Studio内に次のようなものが出てきます。

02

電源ボタンみたいなのを押して、ログインします。

23

 先ほど入力した組織名が表示されているので、これを選択します。

05

TwitterやMoPubなど、いくつかの項目が出てきます。
今回はCrashlyticsを選択します。

29
 
Installボタンを押します。

22
 
Crashlyticsを使うために必要な修正部分が表示されます。
Applyボタンを押すと、自動的に必要なコードが挿入されます。
表示されている内容に沿って、自分で各ファイルを編集することも可能です。

今回はApplyを押しちゃいましょう。

この状態でアプリを起動します。
するとFabricのダッシュボードに起動したアプリが追加されています。
クラッシュのレポートも見れるようになりました。
34
 クラッシュが起こるとここにレポートが溜まっていきます。

以上でCrashlyticsの導入は完了です。
お疲れ様でした。