読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

業務中にポーカーしました パート2!

みなさんこんにちは。
エンジニアのイシマルです。

編集長のチームがプランニングポーカー(以下、ポーカーと記載)をした!
って話題が我らがチームにも届いてまいりましたので、
我々もやってみたいな!やるべきでしょう!うん、やろう!

ってことで、ポーカーをやることになりました。

ポーカーの話の前に、我々のチームの紹介を簡単にします。
我々のエンジニアのチームは4人構成で、スクラム開発を行っています。

■チーム構成

・Product Owner(プロデューサー的な仕事)
KingGodさん

・Scrum Master(サポート的な役割)
私(メインScrum Master)、KingGodさん

・開発チーム
私、SEのKingさん、SEのGodさん

開発チームの担当は、

 SEのKingさん・・・Nativeアプリ側担当。「実装する前に探す!」Kingさんです。
 SEのGodさん・・・サーバ側アプリケーション担当。13新卒の方です(もう14新卒が入社されたので新卒じゃないですね)。
 私・・・Native側とサーバ側の連携をまとめたり、サーバのセッティングをしたり、実装を行なったりと。

若干、完全なスクラム体制ではありませんが、スクラムについては、また後日記事にしたいと思います。

■ポーカーの前に

ポーカーを始める前に、プロダクトバックログ(タスク一覧)を
Product Ownerが作り、そのタスク一覧に対して、見積もりをすることにしました。

プランニングポーカーについては、「業務中にポーカーしました(仕事です!」を参照

poker1

■第1回ポーカー実施結果

結論からいうと失敗しました。

工数見積もりなのに、いつもの仕様確認と同じようにやってしまったんです。

「ここの詳細機能どうなってるの?」
「ここのレイアウトは?」

など、工数見積もりにそれ程影響しない部分まで確認してしまったので、
時間がかかりすぎて、後日にリベンジとなりました。

■第2回ポーカー実施結果

3日後、再度ポーカーを実施。

第2回では、

「そこは工数に影響しないから仕様は後からで!」

って流れで、ドンドン進めていき、サクサクいい感じで見積もりが進みました。

■感想

というわけで、私も編集長チームと同様、
プランニング・ポーカーしてみた感想をヒアリングしてみたので、紹介します!

と、その前に、周りの方々の声を紹介すると、

「ポーカー貸してください!」

と借りて、ミーティングに向かおうとすると、

編集長「お、ブログ書いてね!ブログ、ブログ!!」

その他メンバー「ブログ書くんですよね!」

まあ、ブログを書かざるを得ない雰囲気で(笑)。
もちろん、言われなくても書きますよ!時間があれば、時間があれば・・・。
というわけで、実は、このポーカー、1ヶ月前ぐらいの話だったりします。

では、実際のチームメンバーの感想です。
(感想に対する私の注釈もいれています!)

KingGod「他の人と見積もり観点の違いが分かったり、自分の見落としてる点に気づけたりしてヨカタネ。」

※POらしい素晴らしい回答ですね!ツッコミどころがありません。もっと面白い回答を・・(ボソボソ)

God「各タスクに対して、メンバ一人ひとりの考えを知ることができてとても良かったです。あと毎回出すポイントに大きな差があり、もっとスキルアップしたいと思いました!頑張ります!!」

※若手らしい素晴らしい回答ですね!模範回答過ぎて・・・(以下略

King「うん、これ、ポーカーか、仕事中にやっても大丈夫なのかな?」
King「へ~100も、ハテナもあるんだ。。。。うん、楽しそうだけど、よく分からないな~使い方は」

※Kingさんはポーカー前の感想を送ってくれました!仕事なのでポーカーやっても大丈夫です!

イシマル「ポーカー実施後の感想もお願いします!」
King「各メンバーがそれぞれの見積もり点数を出すので、1人より精度が上がると感じました。実際にやるときに結構楽しかったです。ただちょっと時間がかかるので、なにか他の方法がないのかなと思いました。」

※的確に問題点も指摘していただきました。確かに結構時間かかるんですよね。

イシマル「他の人と見積もり観点の違いが分かったり、自分の見落としてる点に気づけたりして・・・」

※すいません、面白いことなんて言えませんねw。
 まじめな話、各自が見積もりを毎回する習慣をつければ、どんどん精度も上がって、工数も短縮されて行くんじゃないかなと思います。

という感想でした。チームメンバーの認識合わせって大切ですね。

では、また次回まで!