読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

開発・運用環境を効率化する 開発編(Rails)

Ruby
アドウェイズエンジニアのイシマルです。

私が所属しているユニットでは、この半期の目標のうちの1つとして、

「開発・運用環境を効率化しよう!」

という目標を掲げているので、その目標に向かって、私がどんなことを考えているのか!?
っという内容を、まず開発について、紹介したいと思います。

■サーバ

 基本的に、VM環境を推奨しています。
理由は、物理環境と違い、サーバの複製が簡単かつ高速、サーバのスペックも動的に変更できたりと、基本的にメリットばかりですね。

物理サーバは、「どうしてもVMではスペックが足りなくて必要」

っていう時だけ利用する方針で考えています。

■サーバ環境構築

 VM環境でサーバを作るので、1台環境を構築し、その後にOSを複製する流れが良いかな、と考えています。

その環境を作る部分は、Chefでやってしまおうと思っています。社内では既にChefを使っているチームもあるので、その流れに乗ろうと。

chef-server、chef-solo、chef-zeroなど、chefにも色々種類がありますね。

・Chefを使うメリット

 新しいプロジェクトを始める時や、既存のプロジェクトにメンバーが入る時に、サクっと環境を用意できます!

■言語
 社内的には、Perl(Catalyst)をメインで使っていますが、
 私が携わっているプロジェクトでは、Ruby(Rails)を使っています。

■DB定義書

 DB定義書は、SchemaSpyを使っています。
(参考URL: http://schemaspy.sourceforge.net/ )

Excelってエンジニアにとっては、開くの面倒ですよね。

SchemaSpyなら、MySQLのテーブルやカラムにコメントを入れるだけで、簡単にブラウザで定義を確認できます。

schemaSpy

 RailsからMySQLのカラムにコメントを入れるには、migration_commentsというGemがあるので、そちらを利用しています。
 (参考URL: https://github.com/pinnymz/migration_comments


■ER図

 Railsならmodelのリレーションから、rails-erdを用いて、簡単にER図ができますね。
 (参考URL: http://rails-erd.rubyforge.org/install.html )

erd


 参考URLには、

 Rails ERD runs on all Rails 3 platforms: Ruby 1.8/1.9, Rubinius, or JRuby all work fine.

 のように書かれていますが、Rails4、Ruby2.0でも問題なく利用できました。

 (※ruby2.1ではまだ試していません)

■CI

 Jenkinsを利用しています。
 (参考URL: http://jenkins-ci.org/ )

 Jenkinsでは、テストコードを回すだけではなく、シェルを実行して、rubocopやrails_best_practicesを動かして、コード改善に勤めたりしています。

 コード改善に関していうと、Jenkinsとは関係ありませんが、vimにrubocopのpluginをいれたりもしています。

■gitlab

 最近は、git-flowを利用しているチームが増えてきました。
 (参考URL: https://github.com/nvie/gitflow )


こういうdevops的な話は、年が過ぎるにつれて、どんどん新しい技術がでてきて面白いですね。 従来よりも、「より効率的に」、「より安定した」、開発・運用ができるように、新しい技術も取り入れていきたいと思います。

次回は、運用編を紹介したいと思います!